名古屋歴史

名古屋に存在する寺院や神社の由緒や、そこで行われる祭りについて紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那古野神社例大祭・・・の雰囲気

久しぶりの更新です。

先日、何気に街中を歩いていると、那古野神社例大祭のポスターを発見。そういえば、那古野神社例大祭は曜日に関係なく、毎年7月15日、16日に行われるのだった。というわけで、7月15日に那古野神社へ。

やはり祭だけあって、普段とは雰囲気が違います。

那古野まつり4

この門(?)をくぐって奥へ進むと、巨大な山車発見!

那古野まつり5

舵取り棒が付いていないので、実際に牽くわけではなく、展示してあるだけだと思われますが、それにしてもでかい・・・山車といえば、那古野神社近くの長者町で、10月のゑびす祭りに向けて山車の制作が行われています。その様子はこちら→ゑびす祭り×あいちトリエンナーレ2010

そして、祭りといえば神輿です。

那古野まつり2

こちらは子供用神輿でしょうか?3台ありますが、歴代のものと思われます。

そして、ちょっと分かりにくいですが、この奥にあるのが、大神輿です。

那古野まつり3

重量は1トン以上、担ぎ棒は約10メートル、担ぎ手も最低で80人は必要という代物です。

で、最大の目的は、この神輿が担がれているシーンを撮影することだったのですが、回りを見渡しても担ぎ手らしき人が一人もいません・・・何故?と思い宮司さんに話を聞くと、神輿を担ぐのは明日、16日だそうで・・・

明日は無理!写真撮れない!

残念ですが、雰囲気だけでも堪能できたので良しとしておきます。

来年は16日狙いで行きたいと思います!!
スポンサーサイト

那古野神社+α

このブログで那古野神社を取り上げて約3ヶ月が経ちますが、それを記念して(?)追加情報です!というのも、先日那古野神社の宮司さんに会い、お話を伺うことができました。神社の境内を見ただけでは分からない、祀られている神様のお話や、名古屋城周辺の地域の歴史についても聞くことができましたので、その内容をまとめてみたいと思います。


那古野神社は延喜11年(西暦911年)3月16日に鎮祭されたと伝えられています。当時は名古屋城の一帯は庄園となっており、京都にある真言宗のお寺が治めていました。那古野神社を創建したのも京都のお寺であるとされています。

那古野神社の御祭神は、須佐之男神、櫛稲田姫神です。須佐之男神はヤマタノオロチの伝承で知られていますが、仏教とともに日本へ伝わった牛頭天王というインドの祇園精舎の守護神と神仏習合の際に習合し現れたと伝えられています。
須佐之男神、牛頭天王とも、荒々しい力を持ち(同じような力を持つ故に習合されたと言われる)、悪いものを退治してくれる力を持つものとされています。また、本地仏が薬師如来であることもあってか、土地を伝染病や災いから守ってくれる神様として祀られています。

現在多くの神社で夏越の祓に茅の輪くぐりが行われていますが、この起源は「蘇民将来」という説話にあるります。その中で須佐之男神の行いが、茅の輪くぐりの起源とされています。

「蘇民将来」
昔、蘇民将来、巨旦将来という兄弟がいた。ある日、旅人(武塔神)が宿を求めて立ち寄ったところ、弟で裕福な巨旦将来はこれを断った。一方、兄で貧しい蘇民将来は粗末ながらももてなした。後に再訪した武塔神は、後に伝染病がおこること、病から身を守るために茅の輪を作り、身につけることを蘇民将来に伝えた。その際、武塔神は須佐之男神を名乗っている。一方、身を守る術を伝えられなかった巨旦将来とその一族は、伝染病により滅んでしまった。


また、須佐之男神は始めて和歌を詠んだ神とも伝えられています。ヤマタノオロチを退治した後、櫛稲田姫神と一緒に暮らす場所を求め、家を建てました。その際に詠まれた歌が以下の歌です。

八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を

この歌が、古事記に記されている日本最古の和歌であることから、初めて歌を詠んだ神とされています。この歌の意味は、雲が幾重にも立ち上り、八重垣を巡らしているようだ。自分が妻を籠らせるために家の周りに巡らした八重垣のようだ。という意味です。また、その雲で家を隠してほしいという願望もあったとされています。そして、須佐之男神はこの地を訪れた際に「気分がすがすがしくなった」として、そこを「須賀(須我)」と命名しました。ここに建てられた家(宮殿)が、現在の須我神社(島根県雲南市)であると伝えられています。


創建当時、那古野神社は名古屋城内に鎮座しており、亀尾天王社と称されていました。名古屋城下町は城を中心に南東に広がっており、その最北の名古屋城あたりは「亀尾山」、最南にあたる熱田神宮あたりは「亀頭山」と呼ばれていました。城下町は、亀の「頭」と「尾」の間、まさに「甲羅」として栄えていたと言っても過言ではありません。そして、この甲羅にあたる場所が「那古野(なごや)」という地名で呼ばれていました。

現在、名古屋市中村区および西区に那古野(なごの)と呼ばれる地名が存在しますが、当時のこの地域は名古屋城下町には該当しません。かつて愛知県愛知郡に存在した那古野村の一部が現在の那古野でありますが、那古野(なごや)との関係や、なぜ読みが「なごや」ではなく「なごの」なのか等はよく分かっていません。
また、当時「那古野」と書いて「なごや」と読んでいたことは、現在の名古屋城敷地内にある、那古野城跡にある石柱に、ローマ字でnagoya(ナゴヤ)と記されていることから間違いないとされています。


ところで、那古野神社は木瓜紋を神紋としていますが、織田家の家紋も同じく木瓜紋です。信秀が当時の亀尾天王社を再興した際に神紋としたと取れるかもしれませんが、元々須佐之男神を祀っている神社の多くが木瓜紋を神紋としているため、創建当初よりのものだと思われます。
では、何故織田家が木瓜紋を家紋としているのでしょうか。それは、織田家のルーツにありました。
織田家は福井県丹生郡越前町にある劔神社の神官の末裔であるとされており、そして劔神社に祀られている神様は須佐之男神でした。故に織田家は木瓜紋を家紋としていたとされています。

「木瓜」は元々はキュウリのことで、木瓜紋はキュウリの切り口をかたどったものであるとも言われます。祭事の期間中はキュウリを食さないといった信仰も残っています。現在日本語で「木瓜」と書くと、ほとんどの場合はボケの花のことを指します。ボケの花の形が木瓜紋の元になったとも言われています。


那古野神社は古くからの神社であるため(平成22年現在で、創建から1099年)、秘宝などが残っていてもおかしくないと思われますが、戦に巻き込まれたことによる焼失、神仏分離令をきっかけとした廃仏毀釈による焼失、空襲による焼失によって、そういったものはほとんど残されていません。

また、現在の那古野神社にも空襲の爪跡を見ることができます。境内にある狛犬ですが、狛犬の部分とそれが乗っている台座部分は、石の質や風化具合からみて明らかに別物と思われます。宮司さんの話によると、元々台座部分は那古野神社にあったものではなく他の地にあり、その上には馬が乗っていたそうです。それが空襲により馬を焼失し、その後那古野神社に狛犬を設置する際に持ち込まれたのではないかとのことです。


今回の取材で、さらに詳しい由緒を知ることもできました。

由緒

延喜11年(西暦911年)3月16日、尾張国那古野庄の地に鎮祭される。

天文元年3月、織田信秀が那古野城城主今川左馬之助氏豊を攻めた際、社殿を焼失。

天文7年、信秀によって再興。

慶長15年、徳川家康の名古屋城築城にあたり隣接する若宮八幡社とともに他地への遷座を求められるが、おみくじにより神意を伺ったところ再三に渡り遷座不可と出たため、御城鎮守の神・名古屋産土神として名古屋城三の丸郭内に取り込まれることとなる。同時に三之丸東照宮(現・名古屋東照宮)と隣接する。

明治維新期、廃藩置県により社領を没収される。続いて神仏分離令により、社名を須佐之男神社と改称する。神仏分離令により、多くの神社が地名、祀っている神様の名称、神様の持つ力などの社名に改めることとなった。

明治9年、名古屋鎮台が城内に置かれるのを機に、東照宮とともに明倫堂の跡地である現在地へと遷座。

明治32年、那古野創始の由緒に基づき、また土地の守り神様という意もあり、社名を那古野神社と改称。

昭和20年3月19日、名古屋大空襲により本殿以下を焼失。

昭和29年、本殿及び祝詞殿を再建。

昭和32年、拝殿を再建。

昭和34年、渡殿及び神札授与所を再建、完工。


今回の取材では、特に祀られている神様について知ることができました。須佐之男神と木瓜紋の関係、木瓜紋と織田家の関係を知って、今までの疑問が一気に解消した感じです。今後、知り合いと神社などに行く機会があって、その神社の神紋が木瓜紋であったなら私の出番です!このうんちくで一目置かれることは間違いなし・・・か?

那古野神社

予告どおり、今回は現地取材です。

まずは那古野神社へ行ってきました。

名古屋城は入り口は城門でしたが、ここは鳥居。神社だから当たり前か。しかし、鳥居がでかい。歩道からではファインダーに納まりきらないため、道路まで出て撮影する。車が来なくて良かった・・・

那古野神社鳥居

では、那古野神社の境内へ。

入ってスグに手水社があります。

那古野神社手水社

なかなか迫力のある龍の蛇口、私好みです。ところで、「龍の蛇口」って書くと、なんか違和感ありませんか?「龍」なのに「蛇の口」って・・・しかし、蛇口はその形が蛇の口の形に似ていることから付いた名前ではないみたいです。
日本での水道の始まりは道路の脇に設置された共用栓ですが、当初は日本や中国で水の守護神とされる龍の形でつくられ、龍の元となった生物がヘビであることから「蛇体鉄柱式共用栓」と呼ばれました。やがて専用栓が付くようになった際、その形が蛇体鉄柱式共用栓を小さくしたもので、龍の子のようなものであることから「蛇口」と名付けられたそうです。

話がそれましたね。
で、脇には「手水社は口や手を清めるところです 他のことはしないで下さい」との注意書きが。他のことって・・・?夏になると行水したりする人がいるのでしょうか?

しっかり口と手を清めたら、拝殿へ向かいます。

那古野神社社殿

いかにも神社!って感じの佇まいです。そして、お賽銭箱と提灯にはしっかりと織田木瓜の家紋が。織田家との関係の深さがうかがい知れます。

那古野神社家紋

境内を回ってみると、色々なものが目に付きます。まずは、やはり神社だけあって絵馬がぶら下がっています。ここは、どんな願い事がされているのか見ておかなくては。必ず一つや二つはワケのわからんものがあるはず(笑)。で、見てみると、近くに大きな病院があるせいか、健康や病気の治癒を願う内容が多かった気がします。また、今のご時世を反映してか、就職を願う内容のものも多くありました。意外にもまともなお願いばかりでしたが、その中で一つ面白かったお願いは「本部長になれますように」。なんか、現実的すぎじゃないか?

それから、神厩舎らしき建物がありました。

那古野神社厩舎

かつては那古野神社には神馬がいたのでしょうか?しかし、神厩舎は馬の存在如何を問わずに設置されている神社も多かったようで(馬は世話や費用が大きな負担となるため)実際のところは分かりません。そして、絵馬や、神社によくある馬の像は、神馬の代替物でもあるそうです。

変わったものでは、「厄除の公孫樹」というものがありました。なんでも、昭和20年3月19日の空襲で消失したのですが、その後2、3年で新しい芽を出し、現在の立派な木に成長したことから、延命長寿の縁起の良い木とされているそうです。それを表すかのように、しっかりとしめ縄が巻かれていました。

那古野神社木

境内はこんな感じですが、ここで恒例の(?)360度カメラの登場です。

那古野神社360度

この画像で、那古野神社のほぼ全てが分かります。こうして見てみると、まさに神社!ってな感じが分かるのではないでしょうか。

さて、那古野神社の敷地内には更に二つの神社があります。「福寿稲荷大明神」と、「金山神社」です。

那古野神社福寿稲荷

那古野神社金山神社


お稲荷さんは那古野神社以外の神社でもたまに見かけることがあるので、そんなに疑問というか違和感は感じませんでしたが、金山神社の方は・・・小さいとはいえちゃんとした神社。神社の中に更に神社って、もしかしてそんなに珍しいことではないのでしょうか?勉強せねば・・・ちなみにこの金山神社は、岐阜県垂井の南宮大社から分霊してもらって、ここに建てたものだそうで、金属や金物の神様として、その関係の業界の人たちが参拝に訪れるそうです。

そんなこんなで、那古野神社も一通り取材できたかな、と思っていると、なにやらまだ西の方へ続く道が。そしてその先には大きな鳥居があります。あれ?那古野神社ってまだこの先があるのかー、と思い、その道を進んで行くと・・・

2010-3-23-1.jpg


次回に続きます!

三大祭の地No.1

名古屋歴史第二回目は那古野神社です。

那古野と書いて「なごや」と読みます。名古屋城の由緒でちらっとふれた「那古野城」のなごやです。きらびやかな名古屋城から打って変わって、しぶい雰囲気の神社ですが、せっかく「なごや」と読む神社なので、名古屋城の次に持ってきてみました。それに、ちゃんと名古屋城とも関係のある神社なのです。

名古屋城築城の際に、三の丸(現在の名古屋市中区三の丸一丁目から四丁目までの地域)を築く場所に若宮八幡社や那古野神社などがありましたが、那古野神社のみ遷座されず名古屋城三の丸の郭内に取り込まれたのです。

どうですか。これで、名古屋城の次に那古野神社を紹介する理由がわかるでしょう?(ムリヤリ)


那古野神社
創建は醍醐天皇の御代、延喜11年(911年)と伝わる。津島牛頭天王社(現在の津島神社)を総本社とする天王社のひとつで、当初は亀尾天王社と呼ばれた。天文元年(1532年)の合戦で社殿を焼失したが、天文8年(1540年)織田信秀により再建された。創建時より若宮八幡社と隣接していたが、慶長15年(1610年)の名古屋城築城の際に、亀尾天王社のみ三の丸の郭内に取り込まれ、若宮八幡社は城外に遷座した。これより、三之丸天王社とも呼ばれ、城の総鎮守、城下町の氏神とされた。またこの時、新たに三之丸東照宮(現・名古屋東照宮)と隣接している。
明治維新時に須佐之男神社と改称し、明治9年(1876年)名古屋鎮台が城内に置かれたのを機に、東照宮とともに旧藩校明倫堂跡地である現在地に遷座、明治32年(1899年)に那古野神社と改称した。

以上が那古野神社の由緒です。

ところで、現在でも那古野という地名は存在しますが、「なごや」ではなく「なごの」と読むみたいです。場所的には名古屋城や那古野神社からも近いため、名残りかなにかでしょうか。

そして、那古野神社では、当然祭りが行われます。ここで行われる祭りは、江戸時代には名古屋三大祭と称されるほどのものでした。三大祭の残り二つはまた後ほど。


那古野神社例大祭
開催日:7月15日、16日

江戸時代では、若宮祭、東照宮祭とならんで名古屋三大祭とされ、特に若宮祭とは同日であったことから祇園祭と総称された。車楽(だんじり)2両と見舞車(山車)10数両が曳き出され賑やかなものであったが、戦災などにより、そのほとんどを焼失。現在では焼失を免れた旧茶屋町の車楽、「住吉車」を組み立て、境内に飾られている。
見舞車についても、明治維新での氏子区域の変更や、祭礼形態の変更があったため、よそへ売られたり自町の祭りで曳かれるようになり、那古野神社の祭礼に参加することはなくなった。
現在名古屋市内に残る見舞車は、中村区の「紅葉狩車」、「二福神車」、「唐子車」と、東区の「神皇車」の4輌である。中村区の3輌は花車神明社祭で、東区の1輌は筒井町天王祭で見ることができる。
明治25年からは、山車に変わって神輿が登場し、那古野神社と若宮八幡社を往復するようになった。


こうして文章で見てしまうと、昔に比べて現在の祭りはグレードダウンしてしまった感がありますが、地域で毎年決まった日に行われる祭りということで大切にされているのではないでしょうか。ぜひ見に行きたいものです。

次回は那古野神社の現場レポート・・・か?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。