名古屋歴史

名古屋に存在する寺院や神社の由緒や、そこで行われる祭りについて紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若宮八幡社

よーやく行ってきました若宮八幡社。これで名古屋三大まつりの地、すぺて制覇です。

行ってみて分かったのですが、若宮八幡社は、那古野神社、名古屋東照宮に比べて敷地面積がはるかに広いです!そして、祭りの紹介の項でも書きましたが、その広い境内を有効活用するかのごとく駐車場として使用されています。さらに、平日にもかかわらず満車。そして、神社には似つかわしくない若者の姿がちらほら。やはりロフトやパルコが近いだけのことはある。みんな知っているんですね。確かに一日1.000円は魅力です。

では、若宮八幡社の中を紹介していきます。


まずは入り口の鳥居です。

若宮鳥居


入り口に立ってみると、真っ直ぐ正面に手水社が見えます。このパターンは初めてかも。今まで訪れた神社は、鳥居をくぐった脇にあるパターンばかりだったので・・・。

若宮手水社

神社の規模の割にはシンプルな手水社です。これだけ敷地が広いと、手水社もドでかい龍の蛇口だったりを少し期待したのですが・・・。ところで、手水社にある柄杓受けがこれまで訪れたどの神社も竹だったのですが、これは決まりなのでしょうか?しかし、これが竹以外の物だとやっぱり味気ないですね。

手水社の後方には社務所と社殿が見えます。鳥居の写真を見てもらえれば分かりますが、鳥居と手水社が一直線上に、そして、それを中心にして左右に社務所と社殿というなんともバランスの取れた配置で、安定感というか、安心感というか、とにかく違和感無く全体を見渡すことができます。

若宮拝殿

そして、社殿、社務所とも今まで訪れてきた神社の中で一番大きいです。さすが神前挙式や披露宴の会場として使えるだけのことはあります。今まで知り合いの結婚式に何度か出席したことはありますが、神前挙式はまだ経験がありません。なんか厳粛でよさそうです。だれか知り合いで神前挙式してくれないかなー、と思う今日このごろです。でも、寒い日はちょっとキツそう・・・。

ところで、若宮八幡社のホームページを見てみると、「若宮日記」なるものがあります。なんでも、巫女さんが書いているブログだそうで、神前挙式のことも書かれていました。興味のある方は、見てみると色々参考になるかもしれません。他にも、神社の日常などが書かれていて、なかなか楽しい読み物です。

鳥居、手水社、社務所、拝殿と紹介してきましたが、まだまだ終わりません。恒例の(?)神社in神社が、若宮八幡社にもあります。

今まで正式な呼び名が分からなくて、勝手に「神社in神社」などと称していましたが、正式には「摂末社」というものだそうです。「摂末社」とは摂社と末社を併せた呼称で、摂社はその神社の祭神と縁故の深い神を祀った神社、末社はそれ以外のものと区別されているそうです。

そして、ここ若宮八幡社には11もの摂末社があります。

若宮摂末社

上段左より、龍神社、恵美須神社、連理稲荷社、下段左より、連理稲荷社奥之院、熊野社・日吉社・香良洲社・天神社・秋葉社合殿、神御衣神社、住吉神社です。

一箇所でこれだけの神社のご利益を得ることができるとは、なんともお得ですね。すべての摂末社が通路の両側にあるので、ここは360度カメラの出番だろうと思い、撮ってみました。

若宮360度

どうですか?一面神社だらけです(笑)こんな写真なかなか撮れないのではないでしょうか?

その神社の並びの中に、こんなものがありました。

針塚

「針塚」です。祭りの紹介の項でも書きましたが、摂末社のひとつである神御衣神社は針供養で有名な神社です。なので、こういったものがあるのでしょう。意外と何気なく置かれているので、危うく見落とすところでした。

針供養祭では、使い古した針や折れた針を豆腐やこんにゃくに刺して供養するそうです。着物を着た女性がそれをやっている姿はちょっとおもしろそうです。

ここで、豆腐とこんにゃくに疑問を持った方、いると思います。自分もそうでした。なので調べてみました。

針供養は使い込んだ針に感謝の気持ちを込めて休ませてあげるもので、普段硬いものを縫って折れてしまった針をいたわるために、豆腐やこんにゃくといった柔らかいものに刺してあげる、とのことです。なるほど。


これにて取材終了、さて帰ろうかと思っていると、境内の脇に山車を保管しているであろう倉庫を発見しました。

若宮倉庫

おそらくは若宮まつりの時にしかお目見えされないものと思います。シャッターを隔てた向こう側にあるというのに見られないこのもどかしさ。これは若宮まつりを観にいくしかないかも。

最後に余談ですが、若宮八幡社は現在の地に遷座されてから400年の節目となり、その記念事業として社殿の屋根の葺き替え工事を行うそうです。工期が平成22年5月~11月とのことなので、工事前の社殿を見られるのもあとわずかです。工事前に取材できてよかった・・・。というわけで、工事前の社殿を見たい方はお早めに!
スポンサーサイト

三大祭の地No.2

名古屋歴史第三回目は若宮八幡社です。

那古野神社例大際の項で触れた、名古屋三大祭の一つが行われる地です。

若宮八幡社のホームページを見てみると、神社の事以上に神前挙式の案内が前面に押し出されていて、あたかも結婚式場のホームページみたいです。和の雰囲気が好みなカップルなら、こういう神社での挙式も良いですね。

さて、若宮八幡社ですが、那古野神社の項でも触れましたが、名古屋城を築城する際に、那古野神社はそのままの場所に残ったのですが、若宮八幡社はそれを機に現在地に遷座したという、那古野神社とはただならぬ関係(?)なのです。名古屋城築城前は、この2つの神社は隣りあっていました。こういう場合って、やはり複雑な人間関係が絡み合ったりするのでしょうか?というわけで、若宮八幡社の由緒です。


若宮八幡社
文武天皇朝である大宝年間(701~704年)に現在の名古屋城三の丸の地に創建と伝わり、延喜年間(901~923年)に再興された。
天王社(現在の那古野神社)と隣接していた。天文元年(1532年)、今川氏親の築城した城をめぐる今川氏豊と織田信秀(織田信長の父)の戦いで社殿を焼失したが(この戦いで信秀は城を奪い取り、このとき那古野城という城名が付けられたと言われている。また、信長はこの城で誕生したと言われている)、天文8年(1540年)織田信秀により再建された。
その後、豊臣秀吉社領200石を寄進し、天正12年(1585年)社殿を再修。
慶長15年(1610年)の名古屋城築城の際に現在地に遷座し、名古屋総鎮守とされ現在に至っている。
祭神は、応神天皇・仁徳天皇・武内宿禰命であるが、特に若宮の名の由来となっているのは応神天皇である。若宮というのは、御子神(みこがみ)を指し、神の御子を表している。


若宮八幡社では、年間を通じて様々な祭典、行事が行われていますが、やはり名古屋三大祭である若宮まつりを取り上げないわけにはいかないでしょう。


若宮まつり
開催日:5月15日、16日

江戸時代では、例祭である若宮祭は名古屋東照宮の東照宮祭、天王社(那古野神社)の天王祭(那古野神社例大祭)とならんで名古屋三大祭とされ、特に天王祭とは同日であった(現在は5/15、16日)ことから祇園祭と総称された。
山車7両が神輿と共に名古屋城三の丸の天王社との間を往復し、名古屋城下の目抜き通りであった現在の本町通を練り歩いた。
現在の若宮祭では、今も残る山車、「福禄寿車」と神輿が那古野神社との間を往復する。かつて若宮祭りで曳かれていた山車で現存するものに、出来町天王祭で曳かれている「河水車」と「鹿子神車」がある。


若宮まつりについてはこんな感じですが、やはり一番の魅力は山車が観られる、といったことでしょうか。この山車の上では、からくり人形の実演が行われるので、一見の価値ありだと思います。


また、若宮神社は縁結びにご利益があると言われています。これは、境内にある末社のひとつ、針供養で有名な神御衣神社が由来となっています(境内には他に若宮恵美須神社、連理稲荷社、連理稲荷社奥之院、熊野社・日吉社・香良洲社・天神社・秋葉社合殿、宮産住吉神社、龍神社といった末社がある)。
本来は、日常裁縫に携わっている人々が針仕事を休め、一年間使った古い針を供養するとともに裁縫の上達を願う、古くからの年中行事ですが、針仕事は、妻として夫への愛、母として子供への愛、恋人への誠の愛、といったように、衣生活は女性にとって大事にしたいことである、といったことが、縁結び、恋愛成就のご利益の由来であるとされています。毎年2月8日には針供養まつりが行われます。

若宮八幡社についてはざっとこんな感じです。

さて、この神社、何気に結構街中にあります。西には白川公園、名古屋市科学館、名古屋市美術館が、北にはナディアパークが、東にはパルコ、松坂屋が、そして南には大須商店街があり、若宮八幡社を中心に、どこも歩いて行くことができる距離です。そして、祭事などが行われていない日は、なんと1日1000円で境内に車を止めておくことができるらしいのです。

若宮八幡社を拠点にして、周辺を散策したり、ショッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。