名古屋歴史

名古屋に存在する寺院や神社の由緒や、そこで行われる祭りについて紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日神社

前回、若宮八幡社の現地取材に行ってきましたが、実はその際に広小路まつりの項で紹介した朝日神社にも立ち寄ってきました。地図で調べてみると、若宮八幡社への道のりの途中にあるということで、これは行くしかないと。

まずはいつもの如く鳥居の写真からなのですが、いきなり想定外の事態に。歩道と鳥居が近すぎてファインダーに収まらない。道路から撮影しようにも、中央分離帯があるような大通りで車の通りが激しくて危ない、しかも神社の隣は交番なのでムチャをすると捕まりかねない・・・。というわけで、やむなく反対側の歩道からの撮影となりました。何とか車が通っていない一瞬を狙って撮ったのですが、やはり分かりにくい・・・

朝日神社鳥居

鳥居をくぐってさぁ手水社はどこだろうと見回してみると、手水社以上にインパクトのあるものが飛び込んできます。

朝日神社おみくじ


木の下にあるおみくじの自販機(木製。手作り?)

これって、お金入れたら本当におみくじが出てくるのでしょうか・・・?って、多分でてくるのでしょうけど、試す勇気はありませんでした。おみくじの自販機って初めてだわ・・・

この自販機もそうですが、他にも鳥居をくぐってすぐのところに占いのテントがあったり、なんかちょっと他の神社とは違うテイストがします。


で、気を取り直して手水社ですが・・・

朝日神社手水社

龍の蛇口が亀甲網に囲われている!何故・・・?この龍がものすごい力を持っていて、危ないからその力を封じ込めているとかでしょうか?うーん謎。


拝殿は石段を上がったところにあります。

朝日神社拝殿


石段を上がってお参りをすると、神社に来た!って感じがするのは私だけでしょうか?そういえば、意外にもこれまで取材をしてきた神社で拝殿の前に石段がある神社は無かったですね。そういう意味では私の中ではこの神社はポイント高いです!


お参りも終わり境内を見渡してみると、小さな社が見られます。

朝日神社摂末社

どうやら摂末社のようです。若宮八幡社のようにそれぞれに鳥居があるわけではなく、こじんまりとしています。神社もTPOに合わせて、といった感じですね。でもご利益のありがたさはどんな佇まいでも変わらないはず。

左から公孫樹龍神社、秋葉社・金刀比羅社、天神社・塩釜社、戸隠社・春日社、八幡社、となっています。特に秋葉社は、広小路通りが現在の形になるきっかけとなった万治の大火を機に、遠州の秋葉を請願し城下の火除の神としたもので(秋葉社に祀られる秋葉権現は火難除けの神とされている)、関係の深いものであると考えられます。


また、ここにも稲荷社がありました。

朝日神社稲荷

そして、鳥居の奥にはお社が何故か2つ・・・?

稲荷、子守児宮

どうやら、左側は朝日稲荷社のお社で、右側は子守社・児宮社という神社のお社のようです。この神社は江戸時代に城下で伝染病が流行り、多くの子どもが犠牲になったため子どもの守護神として勧請されたそうです。

他の摂末社のお社とは別な場所に設置されているあたり、この神社の重要性が窺われますが、何故に稲荷社と隣り合わせなのでしょうか?お稲荷様と関係がある神様なのでしょうか。


他には、みこしを保管する倉庫がありました。しかもガラスがはめ込まれた扉なので、中のみこしを見ることができます。若宮八幡社では倉庫の中の山車を見ることはできなかったので、ちょっと得した気分です。

そんな思いでみこしを見ていると、倉庫の隣のしめ縄が巻かれた木に手を合わせ体や足を摩っているご夫人を発見。

朝日神社木

何か身体に良い影響を及ぼす力を持った木なのでしょうか。聞いてみようと思ったのですが、あまりに一生懸命だったのでちょっと話しかけられずでした。残念。

そういえば忘れてました。恒例の360度写真です。

朝日神社360度


そんなこんなで朝日神社の取材も終了ですが、他の神社では味わえない、謎がいっぱいの神社でした。朝日神社侮り難し、です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。