FC2ブログ

名古屋歴史

名古屋に存在する寺院や神社の由緒や、そこで行われる祭りについて紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若宮八幡社

よーやく行ってきました若宮八幡社。これで名古屋三大まつりの地、すぺて制覇です。

行ってみて分かったのですが、若宮八幡社は、那古野神社、名古屋東照宮に比べて敷地面積がはるかに広いです!そして、祭りの紹介の項でも書きましたが、その広い境内を有効活用するかのごとく駐車場として使用されています。さらに、平日にもかかわらず満車。そして、神社には似つかわしくない若者の姿がちらほら。やはりロフトやパルコが近いだけのことはある。みんな知っているんですね。確かに一日1.000円は魅力です。

では、若宮八幡社の中を紹介していきます。


まずは入り口の鳥居です。

若宮鳥居


入り口に立ってみると、真っ直ぐ正面に手水社が見えます。このパターンは初めてかも。今まで訪れた神社は、鳥居をくぐった脇にあるパターンばかりだったので・・・。

若宮手水社

神社の規模の割にはシンプルな手水社です。これだけ敷地が広いと、手水社もドでかい龍の蛇口だったりを少し期待したのですが・・・。ところで、手水社にある柄杓受けがこれまで訪れたどの神社も竹だったのですが、これは決まりなのでしょうか?しかし、これが竹以外の物だとやっぱり味気ないですね。

手水社の後方には社務所と社殿が見えます。鳥居の写真を見てもらえれば分かりますが、鳥居と手水社が一直線上に、そして、それを中心にして左右に社務所と社殿というなんともバランスの取れた配置で、安定感というか、安心感というか、とにかく違和感無く全体を見渡すことができます。

若宮拝殿

そして、社殿、社務所とも今まで訪れてきた神社の中で一番大きいです。さすが神前挙式や披露宴の会場として使えるだけのことはあります。今まで知り合いの結婚式に何度か出席したことはありますが、神前挙式はまだ経験がありません。なんか厳粛でよさそうです。だれか知り合いで神前挙式してくれないかなー、と思う今日このごろです。でも、寒い日はちょっとキツそう・・・。

ところで、若宮八幡社のホームページを見てみると、「若宮日記」なるものがあります。なんでも、巫女さんが書いているブログだそうで、神前挙式のことも書かれていました。興味のある方は、見てみると色々参考になるかもしれません。他にも、神社の日常などが書かれていて、なかなか楽しい読み物です。

鳥居、手水社、社務所、拝殿と紹介してきましたが、まだまだ終わりません。恒例の(?)神社in神社が、若宮八幡社にもあります。

今まで正式な呼び名が分からなくて、勝手に「神社in神社」などと称していましたが、正式には「摂末社」というものだそうです。「摂末社」とは摂社と末社を併せた呼称で、摂社はその神社の祭神と縁故の深い神を祀った神社、末社はそれ以外のものと区別されているそうです。

そして、ここ若宮八幡社には11もの摂末社があります。

若宮摂末社

上段左より、龍神社、恵美須神社、連理稲荷社、下段左より、連理稲荷社奥之院、熊野社・日吉社・香良洲社・天神社・秋葉社合殿、神御衣神社、住吉神社です。

一箇所でこれだけの神社のご利益を得ることができるとは、なんともお得ですね。すべての摂末社が通路の両側にあるので、ここは360度カメラの出番だろうと思い、撮ってみました。

若宮360度

どうですか?一面神社だらけです(笑)こんな写真なかなか撮れないのではないでしょうか?

その神社の並びの中に、こんなものがありました。

針塚

「針塚」です。祭りの紹介の項でも書きましたが、摂末社のひとつである神御衣神社は針供養で有名な神社です。なので、こういったものがあるのでしょう。意外と何気なく置かれているので、危うく見落とすところでした。

針供養祭では、使い古した針や折れた針を豆腐やこんにゃくに刺して供養するそうです。着物を着た女性がそれをやっている姿はちょっとおもしろそうです。

ここで、豆腐とこんにゃくに疑問を持った方、いると思います。自分もそうでした。なので調べてみました。

針供養は使い込んだ針に感謝の気持ちを込めて休ませてあげるもので、普段硬いものを縫って折れてしまった針をいたわるために、豆腐やこんにゃくといった柔らかいものに刺してあげる、とのことです。なるほど。


これにて取材終了、さて帰ろうかと思っていると、境内の脇に山車を保管しているであろう倉庫を発見しました。

若宮倉庫

おそらくは若宮まつりの時にしかお目見えされないものと思います。シャッターを隔てた向こう側にあるというのに見られないこのもどかしさ。これは若宮まつりを観にいくしかないかも。

最後に余談ですが、若宮八幡社は現在の地に遷座されてから400年の節目となり、その記念事業として社殿の屋根の葺き替え工事を行うそうです。工期が平成22年5月~11月とのことなので、工事前の社殿を見られるのもあとわずかです。工事前に取材できてよかった・・・。というわけで、工事前の社殿を見たい方はお早めに!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://nagoyarekishi.blog16.fc2.com/tb.php/11-9aae258a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。